精液検査の正常値はどのくらい?精子の運動率・奇形率がわかる

 

自分の精液の状態を気にしている男性は少なくありません。

 

 

とりわけ肉眼でわかりやすい「量」が明らかに減ってしまうと、心配になることも多いようですね。

 

 

多ければいいというものではないけれど、やはり若々しさや元気度を測るバロメーターとなるものですから気になります。

 

 

 

当サイトに「精液検査」という検索ワードで来られる人もいて、そんな人は不妊に悩んでいる状況なのかもしれません。

 

 

精液の量が少ないことが子供ができない原因になっているのでは?と不安になっているのではないでしょうか。

 

 

男性不妊治療での基本的な検査である精液検査。

 

 

今回はその検査について書いていきたいと思います。

 

 

 

精液採取 〜 病院に提出

 

精液検査を簡潔に言えば、「精液を採取して元気な精子がどくらいいるかを調べる検査」です。

 

 

男性不妊の検査としては、血液検査とともに最も基本となるものなので、必ず受けるようにしましょう。

 

 

まず、自分でマスターベーションして精液を採取します。

 

 

病院でフィルムケースのような専用の容器を渡されるので、それに入れましょう。

 

 

採る場所は自宅でも、病院内の採精室(トイレの場合もあり)でもOKです。

 

 

射精後、数時間以内に提出すれば大丈夫なので、病院内で採取するのは抵抗があるという人は家で採ってから病院に持っていくという方法もアリです。

 

 

ここで気になるのが、オナ禁はしたほうがいいのか?禁欲期間を設けたほうがいいの?というところ。

 

 

できるだけ状態のいい濃い精液で検査するのがよいですから、通常は数日間(平均2〜3日)禁欲することを求められることが多いみたいですね。

 

オナニーをし過ぎると精液はだんだん減る?

 

 

 

精液検査で調べる項目

 

精液検査の検査機器・手段としては

  • 肉眼
  • 自動分析装置
  • 顕微鏡

 

などを使い分けることになります。

 

 

まずは人間の目で、肉眼的に精液の粘性・色調・量を観察。

 

 

色は正常なら乳白色なのですが、精通経路に炎症があるなどすると、血液や膿が混ざって変色することがあります。

 

 

次に精子数精子運動量(運動率)を評価します。

 

 

このときに使われるのがマクラーチャンバー(マクラー精子カウントチャンバー)という器具です。

 

 

顕微鏡を使ってより細かく視ていき濃度を計算、運動精子の数から運動率を、奇形精子の割合から奇形率を割り出します。

 

 

【運動率が高い = 元気な精子がたくさんいる】ということなので、望ましいですね。

 

 

当然、自然妊娠の可能性も高まることになります。

 

 

 

精液検査の判定基準

 

不妊治療の方向性は、男性の精液の状態に合わせて変更されることになります。

 

 

“精子の元気度”に合わせて治療方針も変わるということです。

 

 

日本産科婦人科学会によって定められている精液検査の正常値の基準は、
自然な妊娠が可能なボーダーラインを示したものです。

 

 

精液量 2〜6ml
精子濃度(精子数) 4000万/ml以上
精子運動量(運動率) 50%以上
奇形率 15%以以下

 

 

精子の量・質が低く基準値以下の場合、自然妊娠が難しい状態を表した用語が以下になります。

 

乏精子症 精子数2000万/ml以下
無精子症 精液中に精子が1匹もいない
精子無力症 運動率50&以下

 

↑こちらはWHO(世界保健機関)の基準。

 

>>精液が少なくなる病気 | 乏精子症・精索静脈瘤・逆行性射精について

 

 

ただし、精液検査の結果は、男性のそのときの体調に大きく左右されるものです。

 

 

なので、一度調べてみて基準に満たない場合は再検査をすることになります。

 

 

一度の検査結果があまり良くなくても、妊娠できないと決めつけることはないのです。

 

 

 

精液レベル向上の方法は?

 

セックスも射精も普通にできていて、それなのに長期間子供ができていない。

 

 

そんなときには精液の質・量が低下していないか?も疑うべき要因の一つとなるでしょう。

 

 

男性不妊症の大きな原因なのは間違いないですからね。

 

 

気になっているなら一度病院で検査を受けてみてもいいかもしれません。

 

 

自分の精液レベルがわかれば、向上は自己努力でも可能なことがありますからね。

 

 

精子レベルを高める栄養補給サプリメント

造精機能の良し悪しは性欲と精力に関係するもの。

 

 

不妊解消したいときには、病院に頼るだけでなく、日々の生活できちんと栄養を摂ることも大切です。

 

 

栄養が不十分だと、亜鉛・アルギニンといった精子の材料も不足してしまうし、男性ホルモンの機能が弱まって性欲と精力が減退する恐れも出てきますから。

 

 

食事だけじゃ十分ではないかも?と感じているなら、サプリメントで補いましょう。

 

 

それもマカやトンカットアリの成分単体サプリではなく、『成分総合型』の精力剤サプリがおすすめです。

 

 

 

人気の関連記事

 

精液ドバドバサプリといえばコレ!【海乳EX】の効果と口コミ情報

 

 

勃起力も精液量もアップする!精力剤ランキング【2018年最新版】

 

 

クラチャイダムゴールドは精液増加効果バツグンのアルギニンサプリ!

 

 

AV男優が使ってる勃起・精液サプリにはどんなものがある?

 

 

 

 

精液量をアップするオススメ精力剤!

カキエキスで精液ドバドバ!