クロムやセレンが精液・精子を増やすの?

 

亜鉛が精液増加に欠かせない成分だからでしょうか。

 

 

「同じミネラル類のクロムセレンも精液を増やすのに必要なものではないの?」と考える男性は多いみたいです。

 

 

いや、非常に研究熱心だと思いますし、大切なことですね。

 

 

精子・精液も細胞組織なわけですから、我々が食事やサプリメントから摂取した栄養素からしか作られないわけです。

 

 

これは自分自身の健康状態をかえりみるときにも重要ですし、精液を増やしたい!という明確な目的があるなら、見当はずれな栄養分ばかり摂っていてもしょうがないですから。

 

 

さてそれでは、クロムやセレンが男性の生殖機能に果たす役割を見ていきたいと思います。

 

 

 

クロムは必須栄養素ではあるものの・・・・

 

まずクロムですが、結論から言うと、精液の生成にそれほどかかわり深い成分ではありません。

 

 

ただし、亜鉛と同じく微量ミネラルなので、生体維持には必須の大事な栄養素ではありますけどね。

 

 

クロム(別名:クロミウム)は体内で糖質がスムーズに燃焼して、血糖値が正常に保たれるために大切なミネラルです。

 

 

血液中のブドウ糖濃度(血糖値)を調整するのにインスリンというホルモンが重要な作用をするのですが、そのインスリンの働きを助けるのがクロムなんです。

 

 

ブドウ糖濃度が高くなりすぎて起こる重大な病気が・・・・・そう、糖尿病ですね。

 

 

またクロムは肝臓での脂質の代謝にもかかわります。

 

 

コレステロールの代謝に働いて、血液中のコレステロール値を正常化させます

 

 

また中性脂肪の増加も抑制するので、中年以降の男性が恐れる脂肪肝の予防にも役立つことになります。

 

 

そんな健康維持には重要なクロムですが、食物に含まれる量は微量で、しかも体外に排出されやすい栄養素。

 

 

ですからできるだけ吸収を促すために、ビタミンCや亜鉛、セレンなどと一緒にとることが推奨されています。

 

 

 

セレンは精子の量と質を保つのに大切

 

一方でセレンですが、こちらは男性の生殖機能のためのとても重要なミネラル分です。

 

 

亜鉛が「セックスミネラル」と呼ばれたりしますが、セレンも負けないくらい精力にかかわる栄養素なんですね。

 

 

セレン(別名:セレニウム)の特徴は強い抗酸化作用を持つことにあります。

 

 

有害な活性酸素を中和する抗酸化には、「細胞が衰えて死ぬ」「異常な細胞が作り出される」などを防ぐ効果があり、その影響は精子細胞にも及ぶのです。

 

 

体内に入ったセレンの半分以上が精巣に集中するといわれていて、睾丸や精液に大量に含まれることになります。

 

 

それが欠乏してしまうと、精子が減ったり、奇形精子が増えたりといった生殖機能不全の危険性が高まるのです。

 

 

ある医療研究データによれば、不妊男性にセレンのサプリメントを与えたところ、受精能力が数値的にほぼ倍増したという報告もあるくらいなんですね。

 

 

 

精液量キープのためにクロム・セレンを補うなら

 

セレンの推奨摂取量は30〜35μg(マイクログラム)と多くないですし、日本人の普通の食生活なら足りなくなることはまずありません。

 

 

ただし、肉類や魚介類には豊富な一方で、野菜や果物には配合量が少ない栄養素です。

 

 

ヘルシーを追求するあまり、ベジタリアンな食事ばかりしていると不足する可能性がないとはいえないのですね。

 

 

精液増加に必要な栄養成分はほかにもありますし、トータルで補給するならサプリメントが効率的ではあります。

 

 

当サイト一押しのFORCEならセレン酵母、クロム酵母がバランス良く入っています。

 

 

牡蠣肉エキスたっぷりの海乳EXには、亜鉛とともにセレンが摂取できて便利ですよ。

 

 

人気の関連記事

 

精液ドバドバサプリといえばコレ!【海乳EX】の効果と口コミ情報

 

 

勃起力も精液量もアップする!精力剤ランキング【2018年最新版】

 

 

クラチャイダムゴールドは精液増加効果バツグンのアルギニンサプリ!

 

 

AV男優が使ってる勃起・精液サプリにはどんなものがある?

 

 

 

 

精液量をアップするオススメ精力剤!

カキエキスで精液ドバドバ!