精子の質を決める3つの要素と3種類ある精子について

 

 

「精子の質」は男性の生殖能力を判断するときの唯一の基準になります。

 

 

人間を含む多くの生物は、多くの子孫を残す、つまり「多産が可能な個体ほど優秀」だと遺伝的にプログラミングされています。

 

 

これは男女両方の遺伝子に刷り込まれているもので、そのため妊娠する(させる)能力が高いかどうか?が異性を判断する視点となるのですね。

 

 

動物学的には“優秀なオスは精子の質が良い”ということになり、多くの子供を残せる可能性が高くなります。

 

 

では「精子の質」とは、どういった基準決まるのか?について見ていきます。

 

 

 

精子の質を決める3つの要素

1回の射精量
精子の泳ぐ速度
精子の移動能力

 

これはWHO(世界保健機関)の定義になります。

 

 

精液の発射量が多く運動能力に優れるほど卵子に届きやすくなり、妊娠に至る可能性が高くなるわけです。

 

 

一度の性行為で発射される精液の中に、通常1〜3億個があるといわれています。

 

 

とはいっても、そのすべてが卵子に向かっていくわけではありません。

 

 

膣内の精子のうち、受精できる役割を持ったエッグゲッターは500万個ほどだけ。

 

 

それでは2億個を射精したとして、残りの1億9500万個は無駄なのかというと、そんなことはありません。

 

精液の量・射精量の平均はどのくらい?

 

 

 

精子にはそれぞれ役割がある

 

卵子にたどり着いて着底できる精子は、何億個あるうちのひとつだけです。

 

 

そして限られたエッグゲッター以外の精子たちも、それぞれ役割を持っています。

 

 

1億個ほどあるといわれるブロッカー精子は、エッグゲッターの周りを守る護衛艦としての役割を果たします。

 

 

また女性が複数の男性と繁殖行為をした場合には、敵となる他の男性の精子をブロックするのです。

 

 

キラー精子はその名のとおり、他人の精子を攻撃してやっつける働きをします。

 

 

自分の子孫を残すために団体で戦う。

 

 

この行動はまさに「精子戦争」と名付けられるのにふさわしいものです。

 

精液が少ないと不妊の原因になる?

 

 

人気の関連記事

 

精液ドバドバサプリといえばコレ!【海乳EX】の効果と口コミ情報

 

 

勃起力も精液量もアップする!精力剤ランキング【2018年最新版】

 

 

クラチャイダムゴールドは精液増加効果バツグンのアルギニンサプリ!

 

 

AV男優が使ってる勃起・精液サプリにはどんなものがある?

 

 

 

 

精液量をアップするオススメ精力剤!

カキエキスで精液ドバドバ!