精液が減ったのはED(勃起不全)の予兆?

 

精子・精液の量は加齢とともに減るものです。

 

 

30歳代と50歳代では精液量は3〜22%違ってくるとされています。

 

 

ですから、男性更年期と言われる年代になってからの減少はだれにでも起こるものなので、それほど心配することはありません。

 

 

ただし心配なのは、まだ若いうちから射精の勢いや量が衰えること

 

 

最近の若年男性のなかには、この症状に悩んでいる人もいます。

 

 

一番ネックになってくるのは、妊娠を望んでいる場合かもしれません。

 

 

自然妊娠が叶うかどうかは精子(精液)の量と質に関わっていますからね

 

 

男性不妊症の原因のツートップは「勃起不全」「精子の質・量の低下」だとされています。

 

 

 

精液の減少 = 精力や性欲の衰え

 

セックス時でもマスターベーション時でも、“精液の減り” を感じている人は、同時に精力や性欲の衰えを認識しているのではないでしょうか?

 

 

精力と性欲に最大の影響を与えるのは、男性ホルモン(テストステロン)の値です。

 

 

少年時代に始まる精子形成も、この性ホルモンの上昇の時期に合わせてスタートします。

 

 

その後もテストステロンの分泌度合いに比例して精子は製造されるので、その量が減ったということは、性ホルモンの勢いも弱まっている証拠だといえるのですね。

 

 

勃起の度合いにも、当然ですが関係してくることに・・・・。

 

 

ED(勃起不全)の原因には、体に問題がある場合(器質性ED)と心に問題がある場合(心因性ED)の2つがあります。

 

 

器質性EDが何らかの病気(糖尿病など)のために起こっていない場合、その原因のほとんどはテストステロン値の低下にあることがわかっています。

 

 

ザーメンが少なくなったのも、ペニスの勃ちが悪いのも、男性ホルモンを十分に生み出せなくなっているためなのです。

 

 

 

精液を増やすなら精力サプリは『成分総合型』

 

「精液増加には亜鉛を取ればいい」

 

といいますが、それだけでは不十分です。

 

 

亜鉛はテストステロンと精液両方の分泌に役立つ重要なミネラルではあるものの、ミネラル、ビタミン、アミノ酸など、その他の成分との相互効果があって初めて作用するものなのです。

 

 

そして、血行が悪くなっていたり体自体の活力が落ちていると、いくら栄養分をつぎ込んでも十分な量を生成することができません。

 

 

まずは、食生活や運動不足を見直して、健康的で精神的に充実した生活をしていることがベースになります。

 

 

そのうえで、男性精力全体に働きかける
『成分総合型』の精力サプリを使うのが最も有効です。

 

 

成分総合型サプリには、各種精力成分がバランスよく豊富に取り込まれているので、性欲減退〜精液不足まで下半身の悩みに幅広い対応をしてくれます。

 

 

飲み続けていると、いつの間にかすべてが上手くいっていた!

 

 

そんな実感を味わえるのが、この種のサプリメントの特徴です。

 

 

 

人気の関連記事

 

精液ドバドバサプリといえばコレ!【海乳EX】の効果と口コミ情報

 

 

勃起力も精液量もアップする!精力剤ランキング【2018年最新版】

 

 

クラチャイダムゴールドは精液増加効果バツグンのアルギニンサプリ!

 

 

AV男優が使ってる勃起・精液サプリにはどんなものがある?

 

 

 

 

精液量をアップするオススメ精力剤!

カキエキスで精液ドバドバ!