精液を増やす食事※日々の積み重ねで精力アップ!

 

食生活が改まると精液の量が増え、質も良くなります。

 

 

精液も体内で作られる細胞組織の一つですからね。

 

 

毎日食べているものから作られている体液だということなのです。

 

 

それに栄養バランスのいい食事は、男性ホルモンの分泌力を向上させ、性欲と精力をアップしてくれます。

 

 

そうなれば自然に、十分な量の精液が生産されるようにもなりますよ。

 

 

男性不妊の心配も減るし、射精感が高まって、より満足感のあるセックスライフも送れるようになる!といいことづくめなのです。

 

 

 

精液を “減らさない” 食材

 

近年、日本人男性の精液量は減ってきているとのこと。

 

 

このことにはいろいろな原因があるようですが、一番の悪影響は食生活の変化だとされています。

 

 

いわゆる欧米型の食事は「カロリー過多の栄養失調」を招きやすく、特に日本人の体質には合っていないのですね。

 

 

 

 

動物性脂肪の多い食べ物や加工食品ばかり取っていると、体は「酸化ストレス」を受け続けることになります。

 

 

酸化とはつまり “錆びてしまうこと”

 

 

細胞が錆びて老化が進み、身体機能が衰えてしまうのです。

 

 

肉類中心だったり、レトルト食品、ファーストフードを食べる頻度が多くなるほど、この傾向は強くなってしまいます。

 

 

これに対抗するには、抗酸化作用のある食物を摂るのが正解。

 

 

慣れてしまった食事メニューを変えるのが難しいという場合でも、ビタミンCや抗酸化力のある食材をプラスして、精液を減らさない食生活にすることはできるはずです。

 

 

 

抗酸化作用のある食物が精子・精液の活性化と生産を促す

 

「生の果物なんて、いつ以来食べてないだろう??」

 

 

1人暮らしの男性だと、↑こんな状況の人も多いかもしれませんね。

 

レモンやオレンジには、は抗酸化成分ビタミンCがたっぷりです。

 

 

1日に何個も食べる必要はなく、1個で十分。

 

 

コンビニでもフルーツを売っているお店はありますから、会社帰りにでも、いつものお店で探してみましょう。

 

 

その他の抗酸化作用のある食物も、果物や野菜が多いです。

 

 

バナナ・キャベツ・かぼちゃ・ニンジン・ネギ・ニンニク・ショウガ など

 

 

生食に向いてないものもあるので、週に1〜2回は簡単な料理を自炊してみるのもオススメです。

 

 

お酒が好きな人ならビールじゃなく、ぶどうが原料のワインがオススメになります。

 

 

ぶどうなどのベリー類からは、スーパーポリフェノールと呼ばれるレスベラトロールを摂ることができます。

 

 

レスベラトロールの抗酸化作用は抜群ですから、冷凍で売られているブルーベリーやラズベリーを買ってみるのもいいですね。

 

 

これらの食品を意識して摂ることで、精子・精液の活性化と生産を促すことができるようになりますよ。

 

 

 

精液の材料となる亜鉛は必須!

 

亜鉛酵母は精液の生成に役立つだけでなく、男性ホルモン(テストステロン)を向上させる、精力向上に必要不可欠な有効成分です。

 

 

ただ、それぞれの食材に含まれる量は微量で、推奨摂取量12mgを毎日摂るとなると結構大変なんですね。

 

 

しかも亜鉛が比較的豊富な食品は、肉類や魚介類、それからナッツ類にしても、コレステロール値が高めのものが多い

 

 

そのため、たくさん摂ろうとすると、内臓脂肪という中年男性には増えてほしくないものまで増加させるリスクをともないます。

 

 

ですから、精液の材料となる亜鉛をしっかりと摂取するならサプリメントがオススメです。

 

 

【海乳EX】は1日に2粒で生ガキ5個分の栄養分をとり込める、牡蠣エキスが凝縮された精力サプリ。

 

 

リーズナブルな価格で、飲みやすい大きさなので毎日続けるのも簡単。

 

 

精液を効率的に増やしたいなら、これでしょうね。

 

 

 

人気の関連記事

 

精液ドバドバサプリといえばコレ!【海乳EX】の効果と口コミ情報

 

 

勃起力も精液量もアップする!精力剤ランキング【2018年最新版】

 

 

クラチャイダムゴールドは精液増加効果バツグンのアルギニンサプリ!

 

 

AV男優が使ってる勃起・精液サプリにはどんなものがある?

 

 

 

 

精液量をアップするオススメ精力剤!

カキエキスで精液ドバドバ!